ニュース
犬まみれ 動物の里親 犬まみれ
  
09≪ 2017| 1234567891011121314151617181920212223242526272829303110/ ≫11

我が家の犬動画
にほんブログ村 犬ブログへ
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--'--'--(--)--:-- [ スポンサー広告 ] . . TOP ▲
それはエゴなのか

動物の里親等を勧めて書いてきましたが
大事な事を書き忘れていましたので
まず自分が好きだから他人も好きでは無いという事を
しっかりと認識していただきたく思います

こんなに可愛いうちのペットなんだからと思っていても
嫌いな人からすれば苦痛以外なんでもないのです
少々の鳴き声ならいいだろう
少々まとわりつく位ならいいだろう
まったくもって自分勝手な思い込みとなります
ですので、本当にペットを愛しているのならば
それに対する近隣住民の方への配慮も必要となってきます
普段から仲良くやっているのかどうか
隣人と仲良くない状態でペットを飼えば
隣人との状況は悪化するでしょう
しかもそれを相手が悪いと自分勝手な解釈にはならないでしょうか
悪いのは飼い主である貴方です

よく猫屋敷云々のニュースで近隣住民ともめているのが取り上げられています
まさにあれと同じです
自分は可愛く見えるし、可愛そうに思う
動物愛護の為にエサを与えている
完全にエゴです
嫌いな人、迷惑に感じている人が存在している以上
それはエゴ以外なにものでもないわけです
心より動物の事を考えておられる方はその点に関しても配慮なされております

最近目にした相談記事ですが
集合住宅に住まわれてる方が
我が子がピアノをやっている
5年間苦情がなかったのに今頃下の住人から苦情がきました
どうして今更くるのでしょう

この記事とまったく同じ事が言えると思います
5年間苦情がなかったのに今更どうして?
といった感覚からすでにエゴなわけで
5年間我慢してくださっていたという事に気が付いてないわけです

本気で我が子にピアノの才能が有ると思いやらせたいならば
家庭の経済を圧迫してでも
完全防音の部屋を作るべきです
貧乏人だと好きなピアノもできないのかと思われる方もおられるでしょう
何かを本気で成し得たいならば、犠牲はついてきます
サイレントピアノでも良い訳です
しかし子供がサイレントは嫌がったからとこの相談主は回答されていました
本気でやられている方はそこまで近隣に配慮する心も持っておられます
配慮無き心の持ち主に良いピアノが弾けるとも思いません

話が脱線いたしましたが
ペットを飼うという事は自分のエゴであるということ
他人には迷惑であるという事
忘れないでおいてください
それの為に不幸なペットが産まれてくるのです

厳しい口調の日記ばかりになっておりますが
決して特殊でも難しい事でもありません
気持ちの持ちよう一つです
素敵なペットとの生活を楽しんでいただきたいと
思う気持ちからですので御勘弁ください


床山
スポンサーサイト
2009'08'01(Sat)19:40 [ 動物の里親 ] comment 0. trackback 0 . TOP ▲
動物の里親について

皆様里親という言葉を御存知だと思います
動物に興味の無い方やあまり詳しくない方たちにとっては
人間の里親制度が思いつくかもしれません
動物にも里親があるのです
なんとなく知っておられる方も保健所からの里親を思い浮かべられる
かもしれません
しかし一般のボランティアの方達によって救助され
里子として旅立つ動物達もいるのです

犬や猫を飼おうと思っておられる方
ペットショップからの購入ではなく
一度そういった動物を里親に迎えてみる事も
頭に置いていただけると幸いです
毎日産まれてくる命と殺されていく命
同じ命です
私は動物愛護団体でも極度な動物愛護人でもありません
産まれてすぐ犬のいる家庭に育ち現在までほぼ犬が横にいる生活を
しているだけで、空気といってしまうと御幣があるかもしれませんが
特別扱いは致しておりません
動物が好きなだけです

とはいったものの
一つの命です一時の感情だけで飼うのはリスクが高く
動物を実際飼うには色々な問題が出てきます
犬だと15歳位は生きますので継続できるかも頭に置いていただき
絶対にぶつかってくる問題を挙げます(犬を前提として書いていきます)
大丈夫だと思われる方は
ペットを飼われてみれば如何でしょうか

●必ず介護が必要になる時がやってきます
●必ず死ぬ時もやってきます
●結構な費用が掛かります(食事代や病院代ワクチンその他含む)
●近隣に迷惑を掛ける可能性が有ります(鳴き声等)
●動物と生活可能な住居の確保維持
●清潔を保てるか(動物の排便等を放置せずにすぐに処理できるか)
●散歩に連れて行くのが苦痛ではなく維持できるのか

上記の7点は必ず付いてくる問題です
以下に問題になる可能性のあるもの

●アレルギーが出る
●避妊せずに雄雌を飼い子供が沢山産まれてしまう
●家の大切なモノ等が壊される

挙げれば沢山出てきますが
これらは自身で回避できる問題です
こういった問題で動物を手放すのは
非常に計画性の無い人だと思われます

厳しい様に感じられる方はペットを飼われる事を断念されたほうが
ペット及び御自身の為にも良いかと思われます

しかしこれらを
当然であり別に難しい事では無いと感じられた方は
動物との生活を楽しめる方ではないかと思います

●実際費用はどれくらい掛かるのか

■エサ代
エサ代はピンからキリですがキリのエサは人間が口できないような
物質が入っているので病気になりやすい=病院代がかかる
といった事が一般的に見られています
だからといって1kg3000円とかのエサなんて現実的では無いと思います
これは経済的に無理が無く出せる程度と考えていただければ良いかと
4kg3000円程度のフードなら全然問題ないと思います
もっと安くて良いフードもあると思いますが
御自身でフードはお調べください
トップブリーダー推奨のアレは安いですが
あまり良い噂は聞いた事ありません

■トリミング
いわゆる散髪や爪切り肛門線しぼり等
これは犬によっては確実にしてやらないと駄目な犬種もおります
伸びた爪が肉球に食い込んでしまったり
毛がからんでその下の皮膚がやられてしまったり
中型犬で5000円程度かかります
しかしこれは自分でやる事も可能です
最初は難しいかもしれませんが
なれると楽に出来るようになります

■フィラリア
(蚊のいる時期)5月~11月位まではフィラリアの薬を月一回飲まさなければ成りません
フィラリアに感染してしまっている犬は親虫が体内で死ぬまで
年間通じて飲ましてやる必要があります
この薬は体重によって量と金額が変わりますが
中型犬で1500円程度(病院による差もあります)

■ワクチン
ワクチン5種~9種等
一年に一度注射を打たなければ成りません
これを怠ると死なしてしまう事が増えます
中型で8000円程度(病院による差もあります)見ておけばいいでしょう

■狂犬病
狂犬病の注射は実際に日本には現在狂犬病の病原体は無いとなっておりますが
マナーとして打たなければなりません(万が一の事がありますので)
高齢の犬には負担が大きいので医師と相談で打つか打たないか相談する事になります

■大きな病気等
上記のものは必須の費用になりますが
突然の事故病気等による手術などの費用になると
10万~20万掛かって来る事も十分あります
ですので、私は突然の大金が怖いので
ペット保険というものを飼っている犬全てに掛けております
掛け金によりますが私が入れている保険は3割負担になります
20万の手術も6万の出費で済むわけです
私が行っている病院はその場で適応してくださるので
適応済みの支払いになります。
後からの請求による適用の保険会社もあるようです
何故私が保険に入ったかと言うと
今月苦しいからなーと思ったりして、
十分な治療を受けさせてやる事が苦痛になるのが
嫌だったからです
しかし経済的に余裕のある方には必要ないでしょう
必要な時に必要な金額だけ支払えば
無駄な毎月の保険料出費も抑えられるわけですから

以上がペットを飼うにあたって費用に関する問題です


もう一度言いますが私は動物愛護団体でもなんでもありません
動物の肉もガスガス食べますし
虫は嫌いなんで家に出てきたら即殺します
私はどちらかというとそういった団体は好きではありません
全ての人ではないですが偏った思想の押し付けが凄いからです
ペットショップ経営者がボランティアで救助してる記事など読むと
お前達が売ってる動物の最後の姿だろ
自分たちが悪循環を作り出してる事に気が付いているのかいないのか
可愛そうに思うならそんな商売やめろよと
反吐がでそうになります
それならば金儲けと割り切って動物を商品としてしか見ていない
ブリーダーのほうが数倍マシだと思っております
悲しいですが我々人間が食っていくには生業が必要で
その生業としてブリーダー業だというだけで
実際その状況下におかれた動物は可愛そうに思いますが
ブリーダーを悪く言うつもりもありません



動物も人間もどちらも犠牲や負担を出さずに生きていくのが
ペットとの共存だと私は考えております

以上長々と読んでくださった皆様有難う御座います
これを読んで少しでも捨てられた命を
助けてくださる方がおられたら幸いです

床山



2009'07'31(Fri)17:52 [ 動物の里親 ] comment 0. trackback 0 . TOP ▲
    


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。